スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛騨高山ウルトラレポ八~煩悩の行方は?

ども、じぇーてぃーです。


土曜日は夕方から仕事(>_<)。って言うか後輩の社内発表資料のお手伝い。ってか、手伝ってやってんだから前日の指摘ぐらい直しとけよなぁ、なんてちょっとグチ。まぁ発表は上手い事言ったみたいなんで良かった、良かった。

日曜日は朝からなでしこ見終わったら眠たくなって寝てしもた~(>_<)。昼からも色々あって全然走れんかった。

この週末、天気も良かったのに~自己嫌悪発令中です。

もう忘れかけてますが、振り絞ってレポ続けます^ ^

レポ
********************
丹生川支所を出発してから、しばらくすると71kmと100kmの分かれ道。



表飛騨高山ウルトラのメインの千光寺。今年から100kmのみとなった千光寺の激坂。この坂を上りたくて100kmにエントリーした人がチラホラ。皆さん本当に変態ですね~(笑)。


写真では伝わらない激坂。来年、自分で確かめてね^ ^

前日の下見の時点で走れないと分かっていたので入り口から歩き倒します。ま、全部歩く気でいたら割と楽勝で階段まで辿り着きました。



千光寺の階段。その数108段。人間の煩悩の数。一段一段登ることによって人間の煩悩を落としてくれるのか?そういう意味では今の僕にとっては一段一段噛み締めて登らなくてはいけない。

てか、一段飛ばしで登っちゃったよ(・ω≦) テヘペロ。
全然、煩悩落とせてねぇの。
でも千光寺でマニ車回したから、ちょっとは落とせたかも。

千光寺ではNHKのスタッフらしき人が。中村優ちゃんが少し前に通過したらしい。って事はらぴさんもすぐ近くにいるって事だよね。何せ優ちゃんのストーカーですからね(笑)。

千光寺を出てすぐは登りはあったものの、その後はずっと下り。姐さん、下りはやっぱり速いですね~。付いて行くの必死です。途中でブロガーらしく写真を撮っているらぴさん発見。お先~と言って交わしていきます。ごめんね、今日は水着の彼女が一緒なもので…(笑)

下り切った所のエイドでは袋に入れた氷があった。痛みが出てる所に当てられるようにと、優しい発想ですね~^ ^こう言うおもてなしが飛騨高山ウルトラには随所にありましたよ。

はい、あなたも来年出たくなったでしょう(笑)

ここからB&G海洋センターまでは、平坦な道が続きます。何故かキロ6分台を刻んで走ってます。えっ?この距離走って来て、このスピードって、姐さん、強すぎ!

って、思ってたら、どうも僕が飛ばしすぎたのに合わせてくれたみたい(>_<)どうもすみませんm(_ _)m。

快調?に飛ばして第4関門B&G海洋センターに到着!

このエイドでは、軽トラで最終便が運ばれた熱々の豚汁を頂く。さすがに熱くてすぐには食べれませんよ(>_<)でも、美味しさは抜群!

姐さんはお友達が応援に来られていてお話し中。さすが地元、顔がお広い^ ^

そしてエイドを出たのが関門5分前だったと思います。(後々タイムを見るとそんな事なかったみたい)

何か意外に時間が無くなってきたぞ!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

えっ?
ウルトラでこんな坂走るんですか?
階段まで!?

考えられないです・・(絶句)

神戸当選したので、ご一緒できましたら
ほどほどにシゴいて下さい(笑)
久々にまた会いたいですね~

Re: takeさんへ

飛騨高山はこんな坂ばっかですよ〜
ほら、行きたくなったでしょう(笑)

神戸当選おめでとうございます^ ^
サブ4に向けてがっつり練習ですね〜
いつでも長居で練習付き合いますよ。
頑張って下さいね。

No title

私も千光寺の激坂を上るために100キロにエントリーした人です。坂ばっかりの飛騨高山、楽しかったですね。

でも私は変態ではありませんよ~。
フルの連チャンだって、一度しかやったことありません。

Re: ねむねむさんへ

千光寺の坂って魅力いっぱいですね〜
全部歩き倒しましたけど‥(笑)

いやいやいや、一回連チャンしてるだけで
完全なじぇーてぃー化してますよ。
あ、またじぇーてぃー化って言ってしもた(笑)
白山白川郷頑張って下さいね
プロフィール

じぇーてぃー

Author:じぇーてぃー
マラソン中心にブログを絶賛展開中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。